デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close

ザ・ペニンシュラ上海 ペニンシュラ・モーメント

ザ・ペニンシュラ上海の映像は、かつて“東洋のパリ”と謳われた上海の黄金時代の雰囲気を作り上げ、 ペニンシュラ仕様のロールスロイスの旅が映し出されています。旅は上海の象徴的なガーデンブリッジ(外白渡橋)から始まり、外灘の歴史的建造物の数々を通り過ぎ、この街屈指の見晴らしを誇るサー・エリーズ・テラスから眺める思わずため息が出る浦東と黄浦江の景色で幕を閉じます。また随所にザ・ペニンシュラ上海で刻まれた数々の思い出の瞬間が走馬灯のように次々と映し出されます。

 

キャンペーンについて

  • ロールスロイスが外灘(バンド)を走り抜けるシーンは、交通渋滞を避けるため朝5時に開始しました。 歴史豊かな外灘の早朝は、いつもの喧騒から解放され厳かな雰囲気でした。 ペニンシュラ仕様のロールスロイスには、ワイヤレスインターネットと無料の最新VOIP長距離/ 国際電話が装備されており、撮影クルーは大喜びで試さずにはいられませんでした。

     

  • 1920年代の華やかな上海黄金時代にタイムトリップし、当時、上海のきらびやかなボールルームで行われていたダンスを再現しました。 この撮影のために、プロのボーカリストとオーケストラ、そして3組のダンサーを起用しました。 ダンサーたちは、シャンハイタン(上海灘)の衣装に身を包み、スタイリストのタオ・クアンと、ヘア&メイクアップアーティストのリーアン・フイなどのプロフェッショナルたちの手により、撮影用スタイルが仕上がりました。

     

このページの先頭へ