デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
モーメントに戻る

アート・オブ・ピンクの写真とガストロノミー

2015年10月30日
10月、ザ・ペニンシュラ上海がChina Breast Cancer Foundation(CBCF、中国社会工作協会防治乳腺癌専項基金)のための資金を募るアート・オブ・ピンクのキャンペーンを実施するにあたり、大きな意味のあるピンク色の創造力が花開きます。 ピンクから得たインスピレーションを基にした特別企画の数々をホテル内外でお楽しみいただけます。 外灘(バンド)のリバーフロントや浦東の海岸沿いを散策すると、上海の新しいランドマークが毎晩、ピンク色にイルミネーションされていることにお気づきになるでしょう。 館内では、中国人アーティストによる写真アートとローズ色に染まるおいしいグルメの数々が展開されています。

10月中、ザ・ロビーでは中国人写真家兼ビジュアルアーティストのチェン・マン(Chen Man)氏による2Dアートエキシビションが開催されます。 このイベントのために特別に制作された「Touch Me… Take Care of Me」という作品では、ビデオと視聴者に訴えかけるドキュメンタリー写真が公開されています。 毎日行われる1時間の微速度写真撮影の展示はゲストの皆様にもご参加いただけます。 インスタレーションは今月末に、ザ・ローズモンド アビエーションラウンジで開催されるピンク・タイ・ガラディナーにてオークションにかけられ、収益金は、China Breast Cancer Foundation(中国社会工作協会防治乳腺癌専項基金)の乳がん研究と患者ケアのための取組みに寄付されます。

北京に生まれ育ったチェン・マン氏は、現在、中国で最も売れっ子のフォトアーティストの一人です。 彼女が確立した斬新な視覚的な言語には、中国の伝統的哲学の影響と様々なニュアンスのグラマラスな魅力への飽くことのない好奇心が見て取れます。 チェン・マン氏の最新モード写真のような作品は、現在の社会・文化の魅力を見事に捉え、示唆に富んだ表紙写真は中国のファッションとライフスタイル関連出版に大きな影響を与えました。 

またザ・ロビーでは、今月中、アート・オブ・ピンクを様々なかたちで表現したアフタヌーンティーをご用意しています。 有名なシルバー製のティートレイには、ピンクやローズ色のスイーツやおいしい軽食が並びます。 カクテル通の方は、外灘(バンド)、黄浦江、浦東のスカイラインを眺めながら、ザ・ペニンシュラ上海の才能あるバーテンダーが誂える特製ピンクカクテル「ラ・ヴィ・アン・ローズ」をお召し上がりください。 

ご自宅用においしいお土産をお探しのお客様には、ザ・ペニンシュラ ブティックにてかわいくて食べるのがもったいなくなりそうな手づくりのピンク色のエクレアをご用意しています。





このページの先頭へ